個人事例

 

受講者の声

・(中学2年生)

これからは英語以外に中国語も必要だと父に言われて、中学に入ると同時に中国語を習い始めました。中国人の先生は1年でだいぶ喋れるようになったと褒めてくれますが、国際基準でどのぐらいのレベルなのかを知りたくてYCT3級を受験しました。合格して嬉しかったし、科目ごとにスコアが出るので、聴解を強化しないといけないという課題も分かって良かったです。

 

・(小学3年生)

私はお母さんが中国人です。去年の春節のときに中国に行きました。親戚の人の話は全然分かりませんでした。東京に帰ってから、中国語の勉強がしたくなりました。4月から教室に通って、ピンインを勉強しました。YCT1級にも合格しました。お母さんも喜んでくれました。もっと勉強して、中国の親戚の人とたくさん話したいです。